高効率動作スイムセッションin高松
夜FINSにて、高効率スイムセッション終わりました。
基本中の基本、呼吸の仕方から始まり、かき方、ターン練習などやり、最後はピリッとインターバルやりました。
だいぶ皆さんの動きが変わってきました。
ご参加の皆さん、お疲れ様でした!

FIN'Sトライアスロンコース | permalink | - | trackbacks(0)
FIN'S特別セッション
【FIN'S 3月特別セッション開催!】 いよいよ、シーズンインの季節となりました。 香川県で行われる、サンポート高松大会もすぐです。 そこでFIN'Sでは、サンポート大会に参加する方、またシーズンインに向けてトレーニングしていく方のために、3月末より通常スイムセッションに加えて、バイク、ランセッションを月1回ずつのペース程度で、臨時セッションを開催をしていきます。 今回は、NSIトライアスロンスタッフの高野楓馬が担当します。 ぜひ、お友達も誘ってご参加ください! 特別セッション内容:  ★ バイク インドアセッション 3月27日(日)14:30〜16:00 @FIN'Sスイミングスクール  ★ スイム(FIN'S通常)3月27日(日)16:30〜18:00  ★ ラン モーニングセッション 3月28日(月)6:15〜7:15 @中央公園集合 場所:  バイク、スイム FIN'Sスイミングスクール栗林  ラン 中央公園 https://goo.gl/maps/BzBjpeHREVQ2  (中央通り、百十四銀行前の入り口に集合してください) 指導:高野楓馬(NSIトライアスロンスタッフ、JTUトライアスロン初級指導員資格) 料金:上記、バイク、ランそれぞれ1回2,160円、FIN'S会員1,080円、スイムはFIN'S会員無料、ビジター2160円 申し込み先:下記予約サイトより(初回の方は無料アカウントを作成してください) http://www.supersaas.jp/form/nsits/2016fins03 締め切り:2016年3月26日(土)まで  ローラー台のレンタルは準備の都合上23日(水)まで *ランの集合、実施はFIN'Sではありません。ロッカー、更衣室はございません。周回を利用しますので、簡単なものでしたら周回起点に置いてもいいかと思いますが、各自の責任で管理をお願いし、必要な場合はロッカーなどをご利用ください。バイクのローラー台には限りがございますので、ある方はできるだけご持参に、ご協力をお願い致します。
JUGEMテーマ:トライアスロン
FIN'Sトライアスロンコース | permalink | - | trackbacks(0)
FIN'S指導
香川県高松市のFIN'Sスイミングスクールのランニングセッション終わりました。
今日は雨でしたので、ストレッチや、身体の動かし方をレクチャー。
意味のないストレッチが多い昨今、それを排除して、意義のあるものをやっています。
短時間で、日々トレーニングしていかないといけないので、すぐトレーニングできるように、身体をいい状態に保っておいたほうがいいです。
明日はスイムです。

FIN'Sトライアスロンコース | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
FIN'S シーズンお疲れさん会
今日は、香川県で監修、指導しているFIN'Sトライアスロンチームの、シーズンお疲れさん会を開催しました。

普段は、会員さん同士朝練後あまり話ができないので、シーズンの反省会やおしゃべりを兼ねて、懇親会を開催しました


仕事の飲み会よりも楽しいと言う方もいらっしゃいました。

また次のシーズンに向け頑張っていきましょう!

明日は香川県トライアスロン協会主催のバイク、ランセッションの講師です。

急遽、明日トライアスロンコース夕方スイムの無料体験会を開催することになりました。

是非お越しください!

FIN'Sトライアスロンコース | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
FIN'Sトライアスロンコースへ


昨日は香川県高松市のFIN'Sトライアスロンコースの指導に行って来た。

今回は、スイムだけではなく、初心者企画のチャレンジトライアスロンでのパンク修理講座や、メンテナンス講座を行なった。



自転車の扱い方は、初めてだとなかなか分からないので、このシリーズの中では結構重要な講義である。



その中でもパンク修理講座は、一番かもしれない。

一応修理キットはあるものの、実際やったことが無ければ、タイヤの外し方、はめ方も分からないし、小さすぎるハンドポンプで空気を入れる事がいかに大変か、またCO2カートリッジの難しさを実際に経験してみないと分からない。

やはり、実際にやってみて、自分の持っている工具が使いやすいのか、そうではないのかが分かってくる。

私の持っているハンドポンプは、レースでも使用しているが、4年くらいになるので、そろそろだめかな。

ゴムのパッキンが劣化してくると、1回も使ってなくてもだめになってくる。

以前、古いハンドポンプの空気が入りづらく、恐ろしい事態になった経験もあるので、この辺は用意周到にしておきたい。

CO2カートリッジは、失敗してしまうと終わりなので、ハンドポンプの予備は持っておく事が重要だ。



高松のデパートで、ぬいぐるみを買ってあげた。

頭に載せると、この表情...

帽子や、頭に載せられるのが嫌らしい。

JUGEMテーマ:トライアスロン
FIN'Sトライアスロンコース | permalink | comments(0) | trackbacks(0)