NSIスタッフ練習

NSIトライアスロンスクールのスタッフ練習、
多くはバラバラで、各自の思うトレーニングを行う。
たまにメイン練習を一緒にやる形。
チームのトレーニングだと、出されたきついメニューを頑張ってやるのもいいが、NSIでは自主性と、自分との対話をする時間も設けるようにしている。
現在、アルバイトスタッフ募集中。

 

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

NSIトライアスロンスクール | permalink | - | -
指導というもの

NSIトライアスロンスクールを始めた頃のある小学生。

 

サッカーをしていただけで、ほぼスイム、バイク、ランは練習をしていなかった。

それから、トライアスロンでは全国レベルにまで育てることができたが、高校に進学してからは、得意の陸上を活かして、陸上部に所属した。
その子が、昨日の全国高校駅伝大会に大阪府代表の高校として出場した。
私の方針としては、子供の頃はあまり詰め込みすぎずに、追い込みすぎずに、楽しくスポーツをやってもらうというのをモットーにしている。
もちろん、ガンガンやってもいいのだが、やめてしまっては意味がない。
少し余裕を残して、スポーツを楽しめるヒントを与えるのが私なりの指導方法。
「楽しさ」とは、人それぞれの感じ方がある。
・勝負に勝つ
・身体を動かす
・周りの人と一緒に動く
・応援される
・景色を見る
などなど。
その選手にとっては、どの楽しさを感じるのが嬉しいのかを探って、その中心軸を作る。
また、それ以外の楽しさを教えるのも指導の大切さかなと思う。
今回、彼は1区というプレッシャーの中、やりきった楽しさはあっただろうか。
終わってから、会って声をかけたが、目がぼんやり腫れていたので、体調不良だったかもしれない。
ふがいない成績だったかもしれないが、やりきったのは紛れもない事実であるので、それをふがいない成績で隠されてしまっては、「楽しさ」が消えていってしまう。
既に、彼の指導は私の手から離れているので、それをプラスに変えていけるベクトルがあれば今後より成長していくかと思う。
過去育てた選手が、今では大きく成長している姿を見られて、いい経験をさせてもらった。

 

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

NSIトライアスロンスクール | permalink | - | trackbacks(0)
2020 NSI宮古島合宿のご案内

JUGEMテーマ:トライアスロン

 

【2020NSI宮古島合宿開催のご案内】

お待たせしました!
NSIトライアスロンスクールでは、宮古島合宿を以下の内容で行います。宮古島トライアスロン大会に向けたトレーニング以外にも、トライアスロンのレベルアップのためのご参加も大丈夫です。ご参加の方のレベルによって、距離調整を行いますので、幅広い層の方々にご参加いただいています。
今回は、MAX4日間です!みっちりトレーニングを積んでいきましょう!

日程:
2020年2月8日(土)〜11日(火・祝)

スケジュール:
詳しいスケジュールは、後日発表します

セッション代金(税込):
1日のみ 6,000円
2日間 11,500円(1日あたり5,750円)
3日間 16,500円(1日あたり5,500円)
4日間 21,000円(1日あたり5,250円)

日程が開く場合、例えば金・日参加などは、2日コース適用です。

(飛行機、宿泊、食事、懇親会、プール使用の場合のプール使用料など、上記セッション代には含みません。別途ご用意ください。宿泊は、宮古島市役所周辺がバイク、ランスタートになりますので、その近辺が便利かと思います。)
   
指導コーチ:
西内洋行 西内真紀

お申し込み:
https://www.supersaas.jp/form/nsits/2020miyakocamp

補足:
メニューは調整中です。後日発表します。
開始は初日の朝から、最終日は、例年長距離のラン練習を行って午前中のうちに終了です。
例年スイムは海で行います(プールでの実施の可能性もあります)。ウエットスーツをご持参ください。20-23℃の見込みです。
宮古島大会のコース通りの下見会ではありませんが、バイクコースはほぼ同じルートを1周通りますので(レベルによってはショートカット)、大会に出場される方は参考になります。
空港からの送迎はございませんので、各自で宿、ホテルまでタクシーなどを利用して往来をお願い致します。
初日到着、最終日出発のお時間がセッションに合わない場合は、途中からのご参加でお願いします。
例えば、スイムに間に合わない場合は、次のバイクから、またはバイクの途中地点を連絡して合流などでできるだけ対応致します。
雨天、荒天の場合は内容を変更することがございますので、ご了承ください。

過去トレーニング例:(距離はレベルによって調整します)
7:00〜8:00 RUN JOG 5-10km パイナガマ 海空すこやか公園集合
10:00〜11:00 SWIM パイナガマビーチ 1.5-3km
13:00 BIKE 70-100km 平良港交差点集合(モンテドール)
余裕のある方は追加でRUN 

お問い合わせ:メッセージか、こちらのホームページお問い合わせよりご連絡ください。
https://nishiuchi.net/inquiry/

NSIトライアスロンスクール | permalink | - | trackbacks(0)
佐渡大会優勝


佐渡国際トライアスロンAタイプ(swim4km bike190km run42km 日本最長)、優勝する事ができました。 今回で5回目の優勝でしたが、1番きつかったです。 何せ、2位の原田選手と10時間以上に及ぶ1位、2位のデットヒートでしたから… 原田選手かなり速く、ベテランの走りでした。 今回、練習がなかなかできず、あまり信じてもらえませんが、4月の宮古島大会から梱包されたバイク組んだのが8月に入ってから。 外練習は5〜6回くらい。 練習というより、漕ぎ方を思い出させる事に集中しました。 バイクに練習割くために、スイム練習はほとんどなし。 さすがにレースでは泳力が落ちました。 ランのみ、唯一毎日10kmは2年近く行なっています。それが最低ラインの体力を付けているようです。 今回、不安要素はトレーニング不足だけではなく、あと2点。 片目が見えないのと、今年の5月に指を切断しかける怪我をした事。 眼の見えないのは、見えなくなってから数レースやっていたので、注意する部分は分かっています。 下に何か落ちていても発見しづらいバイクでのトンネル、あとスイムの視野です。 海は荒れていたので、見にくいの何の… また勉強になりました。 手の指は傷は塞がっているものの、中の筋肉を切ってしまっているので握れません。 バイクのハンドル、ブレーキは事前の練習において、中指で動作させるように修正。 問題無いかと思いきや、エイドでボトルを受け取るのは怪我をした左手。 レース中に気づきました。 やはりうまく受け取りにくく、かなり落としてしまいました… 後半は、しっかり減速して受け取る作戦に変更。 だいぶロスしますが、仕方ないですね。 と、こちらもまた勉強。 いずれにせよ、無理なくトライアスロンを楽しむのが一番。 日頃よりサポートして頂いたスポンサーの皆さん、佐渡大会の関係者、ボランティアの皆さん、応援して頂いた皆さんありがとうございました! もちろん、家族のサポートも。 引き続き、ちょこちょこレースリポートするかもしれません。
レース | permalink | - | trackbacks(0)
長井トライアスロン大会
第35回目を迎え、今回で幕を閉じる長井トライアスロン(山形県)。 東北にいた頃からお世話になったこの大会に、最後のゲストアスリートで出場してきました。 プールでやるし、スイムラスト周回はピコピコハンマーで叩かれるし、そして「パーテー」と呼ばれるパーティでは、食事、ジュース、アルコールが出てきます。 新しい大会はたくさん産まれますが、このような昔懐かしの大会は貴重です。 残念ながら、主催の長井鉄人会で行われるこの大会はこれで最後ですが、来年以降は長井市が引き継いでいくそうです。 今回もご招待、ありがとうございました! 最後は、パーテー名物の獅子舞。 セナは、毎年ビビります。




レース | permalink | - | trackbacks(0)