<< スクール9年目 | main | TDP(トライアスロンデビュー プロジェクト) >>
スクールの指導で思うこと

 

NSIトライアスロンスクール桜宮の朝練習、レースシーズンに入り、参加者多くなってきました。
NSIは、子供も大人もあえて分け隔てなく一緒のレッスンをしています。
井の中の蛙にならないようにと、大人に負けない!とか、子供に負けてられるか!とお互いに奮起材料にもなりますし、子供にとっては親以外の大人とのコミュニケーション能力をつけてもらう狙いもあります。
その分、大人の方々にはご協力頂いていている面もあります。
さて、大人と子供ではアドバイスや指導は少し変えています。
子供は、限度はありますが、練習すれば自然と伸びていく可能性が大きいので、練習の時間をある程度増やしてもらい、かつそれを邪魔しないフォームを教えます。
せっかく伸びようとしているのに、邪魔している動きが出てきますので、それを早めに修正してあげるのが肝心です。
木は、ある程度の環境さえあれば、どんどん育って行きますが、育成を阻害してしまうものがあると曲がって行き、大きくなってから倒木してしまう可能性があります。
その邪魔なものを取ってあげれば、根を広く深く伸ばし、自然と枝もバランスが取れて大きくなって行きます。
一方、大人はどうかというと、パッと頭に浮かびやすいのは、大人になってからスポーツを始めるのは遅いと諦める方が多いかと思います。
大人になってからも、十分成長は可能です。
現に、25m泳げなかった方が、スクールに来始めて1ヶ月もすると大抵の方は400m泳げてきます。
こちらで指導に際して注意をしているのは、大人になった木の修正をするのは、ダメージを与える可能性があるので慎重に、かつうまく誘導する技術が必要になってきます。
木によっては、剪定の小さな作業で収めずに、大きく幹を切ってしまう切り戻しをして、新しい枝を生えさせることもあります。
今、お花見シーズンですが、桜の木は変に触ってしまうと、雑菌が入り、木全体を枯らしてしまう可能性があります。木には色々種類、いじり方があるということです。
それらを見極めて、1人1人に合った指導をしていくのが大事ですね。
大人も子供も一緒に楽しめるラブトライアスロン、こちらも参加者募集中です。
http://lovetriathlon.jp

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

NSIトライアスロンスクール | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://hiro.nishiuchi.net/trackback/872614
この記事に対するトラックバック