<< ご報告 | main | 放送 >>
点滴

点滴は4日続きました。
最後は、土曜で休診だったので、入院病棟の家族用休憩室で点滴…
周りはお見舞いに来た人ばかりで、みんなから注目されながら針入れました。
おかげさまで、点滴連続投与して見事に視野は??
変わらず…
でした…
まだ子供は、妖怪に見えます。
その後の検査で、動脈の血管の血流はわずかに回復していますが、止まっていた時間が長かったので、網膜の細胞は壊死しているようです。
このまま点滴は脳内出血の可能性が出るので終わり。
飲み薬に切り替わりました。
見えないのは慣れてきましたが、何が辛いって、毎回の検査。
検査中は、まばたきをあまりしてはいけないので、かなり疲れます。
もっと頑張って眼を開けて!とゲキが飛びます…
あと、視野の検査で、真ん中の十字を見てくださいと言われますが、どこが十字か分からない…
何十回とやりましたが、仕方ないですね。
見えないのはつかれますが、この新しい感覚がかえって新鮮でもあります。
見えないとこんな風になるんだと。
片目は完全に見えてますから、まだまだましな方ですし。
それにしても、やはり看護師さんの針の入れ方はうまいですね。
今回は、当直の先生でしたが、痛いし、荒いし^^;
引き続き頑張ります。
- | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://hiro.nishiuchi.net/trackback/872554
この記事に対するトラックバック