<< 競泳選手の個別指導 | main | 高効率動作スイムセッション in 光明池 >>
中足骨の故障

中足骨の痛みで走れない方の動きの修正をしていきました。
歩くだけでも痛みが出ていて、このままだと疲労骨折の危険性がある状態でした。
足を見てみると、少し赤くなっていましたので、原因に検討をつけて動きの修正をしていきました。

 


患部は触らずに、原因となっている他の筋肉をほぐし、調整後は痛みがなくなり、インターバルのペースで走ることができました。わずか30分程度です。
この赤い状態は原因がわかっていますので比較的修正が容易です。
ただし、放っておくと疲労骨折を起こします。
聞くと、以前疲労骨折をしていた場所らしいです。
根本的な調整をしたので、その癖が戻らない限り、大丈夫になっています。
癖が出てくると、再度調整が必要です。
高効率動作では、このような故障予防、故障したときのケア、動きの調整も行っています。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://hiro.nishiuchi.net/trackback/872540
この記事に対するトラックバック