<< 指導内容の使い分け | main | 中足骨の故障 >>
競泳選手の個別指導

昨日は、奈良県のあるスイミングの選手コースの中学生を教えました。
平泳ぎの選手で、伸び悩んでいたので個別指導です。
修正ポイントは、平泳ぎのキックが当たっていなかったのでそれを変えたのと、肩甲骨が柔らかいけど使えていなかったので、その修正と刺激入れでした。

 


体幹の動作も取り入れてもらい、写真のようにキャッチが劇的に変わりました。
このくらいのキャッチができると、バタフライの選手としても活躍できるので、種目選択の幅も広げられます。
選手コースは、ちょっとしたことで大きく変わるので、勉強になりますね。
逆に、間違えたことを教えると、どんどんタイムが遅くなるので、しっかり修正ができているか丁寧に確認をしながら調整をしていきます。
間違えたフォームで泳ぎ込んでも壁は乗り越えられません。
いいフォームで泳ぎ込めば、それまでよりも自乗のスピードで伸びていく子もいます。
このように高効率動作では、ジュニアのスイミングや陸上専門の個別指導も開始しました。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://hiro.nishiuchi.net/trackback/872539
この記事に対するトラックバック