<< 原町第三小学校 体育指導 | main | ラブトライアスロンビラ完成 >>
高効率動作と低効率動作の比較実験

今日は、長年やってみようと思っていた、データ収集をしました。

 

 

今度、講義で使うために、やっと重い腰をあげました。

 

なぜなら、これはかなりきついから。

 

1分ごとに、高効率の走り、ジョグ、低効率の走り、ジョグを繰り返し、1セット終われば、次は1km/hのスピードを上げます。

 

これでかなり面白い結果が出ました!

 

 

 

高効率動作で走った場合と、低効率動作で走った場合の心拍数、ランニングケイデンスを計測しています。

 

グラフではわかりづらいですが、心拍は高効率の方が3拍くらい低いです。

 

3拍と言っても、同じ心拍レベルの低効率の場合のスピードより、1km/hも速く走れる計算、ペースだと1kmで15秒短縮できます。

 

ピッチは、低効率はどんどんあげないといけないのに、高効率はさほど変わりません。

 

最後の20km/hのペースは、さすがに上がりましたが、そこまでは同じピッチで、飛距離を伸ばしていきます。

 

低効率は、ピッチでカバーしていく走りですが、それがやはり効率が悪いと言うことが実証されました。

 

あくまでも、私の研究の中の走り方比較なので、それぞれ走り結果は違うかもしれませんが、一応結果として現れたので、参考までに。

 

しかし、低効率の走りで、最後の19km/h、20km/hのペースは死ぬかと思いました...

 

心拍はそれほど変わりませんが、脚がきつく、肉離れ一歩手前でした。

 

高効率は、まだまだいける感じです。

 

恐らく、これ以上飛ばしていくと、低効率の走りは脚の筋肉が限界を迎えるでしょう。

 

心拍はべらぼうには変わらないので、その負荷のかかり方は、やはり興味がありますね。

 

引き続き、研究をしていきたいと思います。

 

フォーム改善に関しては、スマートコーチを受講してください。

 

https://smartcoach.jp/course/38

 

心拍、ランニングケイデンス計測協力は、Polar V800、トレッドミルはMatrix、シューズはOn Cloudracer、ウエアーはnewlineです。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
この記事のトラックバックURL
http://hiro.nishiuchi.net/trackback/872452
この記事に対するトラックバック