<< ウエブコーチング11月分受付中 | main | 消防車 >>
サドルの痛みでのダンシング


最近、ちょっと時間ができつつあるので、おろそかになっていたサドルの説明をしています。
そもそも、なぜいいサドルをお勧めするか、それは単に痛みだけの問題ではなく、筋力の浪費を抑えるのにも役立ちます。
痛いサドルは、長距離を走ると、無意識に腰を浮かす動作が始まります。
皆さん、以外と気づいていませんが、後半結構腰を上げてダンシングしてしまうことが多くなりますが、これは主にサドルに座っているのが苦痛になってくるのが要因です。
痛くなりにくいサドルだと、長時間ドシッと座っていても平気ですが、痛くなってくると痛みを和らげるために立ったり、腰をずらしたりします。
私は乗馬をやっていますが、乗馬の鞍(くら)も同様。鞍が合わないと腰を上げてしまいます。
ただ上げて痛みを分散するのであればいいのですが、その動作には代償を伴います。
椅子から立ち上がる動作をしてみてください。
結構筋力を使うのがわかるかと思います。
それが、大体は両脚というわけではなく、自転車の場合脚が前後していますので、ダンシングの場合前側の脚に主に体重がかかりますので、椅子から両脚で立ち上がるよりきつい動作をしていることになります。階段を登る動作に近いですね。
厳密に言うと、自転車の漕ぐ動作をやっている延長上でのダンシングなので、単に倍増した負荷かというと間違いですが、それでもかなりの労力が加わることは間違いないです。
漕ぎ方を変える意味での適度なダンシングはアリですが、サドルが痛くてダンシングするのはあまり意味のない動作ですので、できるだけ省いていきたいものです。
コーブサイクリングは、皆さんの体型に合わせたサドルをご用意しています。
ぜひチェックしてみてください。


JUGEMテーマ:トライアスロン
Cobb Cycling | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hiro.nishiuchi.net/trackback/872226
この記事に対するトラックバック