誕生日
43歳の誕生日迎えました。 42歳で血管詰まり、左眼一部見えなくなっていました。 大学病院で診療受け、投薬、経過観察していましたが、もう病院行かなくても大丈夫になりました。 先日ドクターから回復の見込みなしとの宣告です。 手の施しようがないので、大学病院から、元の眼科病院に引き継ぎです。 半日かけて毎月検査していたので、かえって良かったです。 時間使いますし、検査は凝視しないといけないので、かなり疲れます。 真ん中の十字見て、視線外さないでおいて下さいね〜 と言われても、見えないし… 見えないのに、視線固定しないといけないし… どうしようもないのに、無駄な時間はもったいないと思っていたので、丁度良かったような。 それより、見えるうちに色々好きなことをやっておくのがいいですね。 まだ片目は見えますから。 引き続き、家族に支えられながら、頑張りたいと思います。 応援して頂いている皆さんも、また宜しくお願いします。
息子星七(せな) | permalink | - | trackbacks(0)
停電

台風の影響で5時間停電中で、夜に突入。 懐中電灯に頼り過ぎると電池無くなるので、原始的な方法も必要です。 西内式ランタンは、家庭にあるもので簡単にできます。 アルミ缶をハサミで1/3くらいに切ります。 ハサミは家庭用でも、強いものであれば結構切れます。 サラダ油を缶に入れ、少し千切ったティッシュをこよりにして、外した空き缶のプルタブに通して火をつければOK。 ロウソクの原理です。 缶は熱くなるので、水を張った陶器に入れておいて下さい。 スプーンひとさじで、2時間くらい持ちます。 若い頃に考案しました。 でも、くれぐれも火事には気をつけてくださいね。

闇カレーを食べる家族。
息子星七(せな) | permalink | - | trackbacks(0)
近所で…
昨日、家の周りが救急車や消防車が来て慌ただしいなと思ったら、近所の子が土管の中に滑り込んでしまったらしい。 しばらく見ていたが、無事に救出。
無事で良かったが、私の子供もこの階段上るときに横の空きスペースを遊びながら登っていた。 そこの側溝がヌルヌルしていて、足を滑らせ、勢いよくその下の土管に入り込んだようだ。 ニュースの写真は、既に柵を付けたところ。 安全対策はもちろん必要だが、それよりもこの地域は高齢化が進んでいたので、遊具や公園がほとんど無い。 遊ぶ場所があれば、こんな所では遊ばなくなると思うので、根本的に対策が必要だと思う。 市長にお願いしたいところだが、西宮市は市長不在になっています… ニュースはこちら。 https://news.yahoo.co.jp/pickup/6273245
息子星七(せな) | permalink | - | trackbacks(0)
仁川探検隊

 

近所の子たちを連れて、「仁川探検隊」という名称をつけ、アウトドアセッションを行っています。

初めは、普通の道路、続いて登山道、そして獣道も進んでいく探検です。

途中で、巣穴を見つけたら、何の巣穴かを想像したり、獣道の先頭を子供達に歩いてもらい、左右別れるルートはどっちに行ったらいいかを子供達で相談してもらいます。

登れそうで登れない岩場は、どうやって登るのかを考えてもらい、先に登った子は、次の子が登りやすいように補助を考えてもらいます。

私のトレーニング場所ですので、子供が間違ったルートを選んでもOK。間違えたらサポートして復帰させます。

岩場も高く無い場所を選んで、下から私が万が一の場合は補助をします。

最初はぎこちない3人組でしたが、協力しないと進めないので、すぐ仲良くなりました。

課題を出すたび、子供達は眼がギラギラ。

このような体験は、普段なかなかできないですから、休みの日は貴重だと思います。

こちらも、子供達の反応、動きを見たり、心理状態の勉強になりますね。

第一、アウトドアは楽しいです。

今回は、各家の両親の方は同行なしで、引率は私だけ。

普段の生活から子供を離すことで不安感が増しますが、その状態でも達成できたことは自信になっていきます。

また、両親といると守ってもらえるという安心感が生まれてしまうのですが、こういうときは離してあげると普段とは違う行動が生まれたりしますので、いいと思います。

引き続き、このような活動を続けていきたいと思います。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

息子星七(せな) | permalink | - | trackbacks(0)
探検
出来るだけ休みの日は子供を外に連れ出します。
今回は山へ探検。
川が凍っている場所を求め、どんどん上流へ。
道が無いので、私が先に行くか、子供が先に行くか迷いましたが、ここは山岳部の鉄則、リーダーが後から。
先に子供に本能に任せたルートを行かせて、後からアドバイス。
あと少しで登り切るところまで来て、なんと子供が滑落…
とっさに、腕を掴み、無事に登りきらせました。
実は滑落は予測していたので、構えて待っていたので大丈夫。
下は5mの崖なので、さぞびびった事でしょう。
こうやって、山の危なさ、日常の高い場所の危険さをたまに勉強させます。
最近の子は、テレビの影響で、平気で高いところから飛び降りて骨折するそうですから。
最後は写真の氷、つららをゲットして大喜びです。
ミニーは、つららをペロペロ。
顔の絆創膏は、保育園で走っていて柱にぶつかったそう。
それも学習ですね。


息子星七(せな) | permalink | - | trackbacks(0)