怪我

 

やってしまいました…
指の大怪我。
バイクで落車して、スポークに指を巻き込まれてしまい、大変なことに…

というのは嘘で、ナタで、薪割りしてたら、硬い木ですっぽ抜けて、手をバッサリ。
やってしまった瞬間、ナタだから指ポロンと落ちた…

と覚悟しましたが、指は付いていたので一安心。
ナタは、すごく切れますから…
次に、かなりざっくりいったので、腱まで切ってないかどうか。
指を動かしてみて、動く事を確認。
腱は何とか大丈夫そう。微妙に角度ずれた模様。
その後、ダボダボと血が出てきたので、傷口確認して、肉まで到達を確かめ、水道水で洗い流してから止血。
その日は血が止まり大丈夫でしたが、翌日子供の空手の帯締める時に握ったら、また出血したから観念して、病院で縫ってもらいました。
慣れっこなので、私も、先生も?特に会話なく、縫いますね、で始まり、1週間後抜糸ですとだけで終わり。
せっかくなので、何針でしたか?と聞き、6針ですと先生。
処置している所見るとよく怒られるので、こっそり縫っている所見てましたが、さすがうまい。
久々に縫ってもらいました。
あとは、化膿が怖いので、しっかり抗生物質は服用。
以前、馬の手綱で切れた傷口と、海外でコケた擦り傷で化膿した事あるので、怖さは知っています。
しかし、指の付け根切ると、他の指を曲げ伸ばしするのに微妙に影響あるようです。
他の指も使えません。
使わないと、手が象のようにむくんできます。
走るのには、指使わないだろうなと思っていましたが、結構痛いです。
そんなに使ってるんだ〜と、また勉強になります。
赤いのは血…
ではなく、晩ご飯に食べたキムチです。
周りの人に、ナタで切りましたと言っても、ナタって何?と聞かれる事多数。
うちには、ナタ2本、斧1本あります。

JUGEMテーマ:トライアスロン

普段の生活 | permalink | - | trackbacks(0)