俺たちの4日間 day4

 

ママが帰ってくるまであと1日。

 

だが、その明日1日は、私がいないため、祖父母がセナを預かってくれる。

 

ありがたい。

 

4日あるが、自由に遊べるのは3日間ということになる。

 

もう日が暮れてしまったので、家の中で最後の自由を満喫する。

 

こんなことをやったらママに怒られるだろうなというものを最後にやらせてみる。

 

 

チョコアイスを、自由に食べさせる。

 

最初はペロペロ、こじんまりと。

 

豪快さがない...

 

チョコだらけにすると、叱られてしまうので、自然と身についてしまっているようだ。

 

 

もっと自由に食べろ!

 

そうだ、その調子だ!

 

お前らしく食べるんだ。

 

顔がチョコだらけでもいい、服にチョコがついてもいい。

 

そんなことでビクビクするような男はダメだ。

 

服についたら、俺がママにバレないように洗ってやる...

 

おっと、そうじゃない!

 

そのまま置いといてやる!

 

...

 

いやいや、やっぱりやめておこう...

 

服だけは汚すな...

 

絶対に汚すな。

 

顔は拭けば落ちるから、それでいい。

 

さあ、次は最後の一仕事。

 

こんなことをやってみよう!


 

いい表情だ!

 

2人でしばらく遊ぶ。

 

たわいもないことで遊ぶ。

 

もうこんなことしか残ってない。

 

これ以外、何も思いつかない。

 

自由になれば、あれもやりたい、これもやりたいと欲望が出るが、いざその時になると何をしていいのかわからない。

 

人生、万事そんなものなのかもしれない。

 

 

ふと、セナがサングラスを外した。

 

私も、つられてサングラスを置く。

 

「ママがいないと寂しいね...」

 

「パパ、ママを思い出してごらん...」

 

「僕、ママのことが好きなんだ...」

 

急に身体に重みが出てきた。

 

一気に、疲れが押し寄せてくるのを、必死に俺はこらえた。

 

エピソード2 出演者

セナ(西内星七)

パパ(西内洋行)

ミニー(西内ミニー)

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)
俺たちの4日間 day3.5

ママのいない、俺たちの4日も、半分が過ぎてしまった。
ママがいれば、面倒臭がって弁当を作らず終わってしまう。
「今日は天気がいいね!お弁当作って外に行こうか?」
は、ママの行楽詐欺だ。
周りをその気にさせて、落とされる…
最近は、セナも同じ雰囲気だ。
最初は、「いいね!やったー!」
の言葉も、次第に「やっぱり、おうちでいい」となるようになった。
しかも、ご飯の後、言葉がわからない、字幕も読めないのに韓ドラを観るようになった…
これは流石にまずい。
セナよ、パパが外に連れて行ってやる!
本当の行楽とは、こういうものなのだ!

ポカポカ陽気、暖かくなり上着を脱ぎ出した。
いつもなら、風邪ひくからダメ!と言われるが、今お前は自由だ!
考え方を変えよう。
タンクトップで寒さを鍛えたら、風邪なんかひかないんだ!

だが、食べ終わったら、寒くなって来たので、自分で着ていた…

ミニーは、毛皮のもじゃもじゃコート。
うらやましい…
さあ、残すはあと1日!
俺たちは、やりたい事満載だ!
春の暖かい風が、ふうっと頬をなでていった。
俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)
俺たちの4日間 day3

ママがいない、「俺たちの4日間」day3。

 

しばらく投稿が空いてしまったが、特にママに見つかって怒られて投稿ができなかったという訳ではない。

 

さて、今日は何をしよう?

 

まずは、スイミングスクールに行き、いつもの予定を終わる。

 

その後、ここからがポイントだ。

 

いつもママと一緒なら、普通に弁当を買ってきたり、外食したりして昼ごはんは終了する。

 

ふ、普通だ...

 

だが、今俺たちに制限はない!

 

これからが本番だ!

 

スイミングスクールから帰ってきて、急いで作る。

 

弁当だ!

 

前回は、弁当を買ってきて詰替えただけだったが、俺たちは進化している!

 

俺たちで作るんだ!

 

と言っても、まだセナには難しいし、手取り足取り教えるには時間がない!

 

詰めるだけ手伝ってもらう。

 

30分で作った「俺たちの弁当」がこれだ。

 

はい、ドン!

 

 

はらたいら さんに3000点レベルだ!

 

豚汁まで作った!

というのは無理なので、昨日の残りをジャーに入れて。

コロッケまで揚げた...というのも無理なので、お惣菜を買ってきておいた。

 

あとは何とかなる。

 

近くの公園へ!

 

急げ、俺たち。

 

俺たちは、今自由だ!

 

上を見ると、青い空に、果てし無く伸びていく飛行機雲。

 

俺たちの自由を象徴しているようだ。

 

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)
Day2
俺たちの4日間。 Day2。 昨日は散歩して、ご飯食べて終わってしまった。 朝から、何をしようか考える。 そうだ、あれをしよう!とひらめくが、こんなときに限ってセナが朝寝坊している。 全く起きる気配はない。 いつもは6時くらいに、「もう起きようよ」と言ってくる。 ある意味これが自由というものなのか? 圧抑された我々には、もう何が自由なのかがわからない。 籠の中の蝶が、籠から出しても飛びたたないようなものか。 ふと、圧抑の中にいることのほうがむしろ安心なのかもしれないと思い始める。 いやいや、そんな考えにはなりたくない。 自然に引き込まれそうになる感覚を必死で抑え、セナを起こし始めた。
俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)
カレー
まず初日の夜。
こんなことは妻は絶対にしないであろうシリーズ。
ちらっと見たことある、クマがカレーで寝ているのを作ってみた。


めちゃくちゃ難しい。
カレーは、肉嫌いなセナのために、わかりにくいようにひき肉を。
ついでに、カルシウムタップリのじゃこ入れて、じゃこカレーにした。
クマはあとからの思いつきだけど、何とかなるもんだな。
俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)