体育指導

 

今日は母校の福島県南相馬市の、原町第三小学校のボランティアで、体育指導をして来ました。

今回は、1、2年生の縄跳び教室。

トライアスロンとは関係ないですが、トライアスロンの指導で得た、できる人とできてない人の比較をして、それを伝えていく、改善していく方法をとってやっています。

今回勉強になったのは、できていない子のためのアドバイスで、「ここが出来ていないので、こうやって見ましょう」と伝えると、出来ている子が更に上達していきました。

出来ていない子は、上達度合いが低いのですが、出来ている子はちょっとしたアドバイスで、どんどん伸びていきますね。

かといって、言い方を変えてみると、出来ていない子もメキメキとできるようになっていくので、伝え方を工夫していくのが必要ですね。

一番は映像がわかりやすいので、最後は出来る子と出来ない子に実演してもらって、みんなで考えてもらいました。

2年生には、昨年教えていたので、基礎動作がしっかりと身についていて、昨年指導しておいて良かったとつくづく思いました。

2年生で2分の前跳び、30秒の後ろ跳び、二重跳びが5回とかなりハードルが高いですが、結構な子が出来ていたのにびっくりです。

大人でも2分の前跳びはきついですよね。

2年にわたって指導をして来ましたが、最後の感想は子供の頃からどんどん運動はさせたほうがいいということです。

極論、人間はいざという時に動けるかどうかです。

いくら何かが起こって、どう動こうかと考えておいても、いざという時に実際に動けなければ意味がありません。

人間の本能で、身体を動かせるようにしておけば、生存の確率がわずかながらでも上がることでしょう。

そう思って、いつも指導をしています。

防災面は、それを考える専門家がいますので、そちらは専門家に任せて、人間の最大限の効率的な動きを身体に覚えこませる、それが今回の私の役目だったと思います。

この地域は、震災でめまぐるしく振り回された地域です。

震災で地震、津波の被害にあい、その後の避難指示、帰宅後の風評被害、放射能との闘い、様々なことが起こり、街が変わり、人口の激しい増減をこの数年で経験しています。

身体を効率的に動かせるようになりながら、頭も効率的に考えられる人になってほしいと思います。

最後に、今回2年間の指導に賛同して頂き、助成をして頂きました東日本震災復興財団の皆様に感謝申し上げます。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
これが来た!
<br /> ジョンソンヘルステックジャパンさんからトレッドミル、インドアサイクルをサポート頂き、先日納品、設置して頂きました。 その後、取材もしてもらいました。 このトレッドミルは、ホーム用なのに1km3分ペースまで上げられます! 画面はインターネットが見られます。 インドアサイクルは、音がめちゃくち静か! 隣で寝ていても気づかない事でしょう! 記録会前は、トレッドミルに組み込まれているスプリント8(エイト)という、20分で終わる追い込みメニューで刺激を入れて、調子が上がりました! 時間がない方にはこのトレッドミルのマトリックスはぜひおすすめですね。 また使用報告していきたいと思います。
ホームページはこちら
https://matrixfitness-home.jp




高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
認定記録会

昨日は日本トライアスロン連合の認定記録会でした。 スイムは400m、ランは5000mの記録会。 出場は昨年より1年ぶり。 スイムは4'37"(昨年4'34")と、トレーニングできてない割にまずまず。 ランは16'11"(昨年16'40")と、昨年よりタイムアップ。 ベストは15年くらい前の4'17"と、15'02"。 なぜか最速のチームの最終組という組み分けで、ほとんど現役のショートのワールドカップ、オリンピック選手ばかり。しかも若い! 私が16年前のオリンピアンだろうが、ただのオッサンだろうが若い子は私を知らない。 そんな私もレースしてないから、こんな若い子は知らない… 第一印象は、みんなデカイ! 今はこんなにデカイのか! そもそも2週間前の肉離れで出場が危ぶまれたこの記録会。 意地で治したが、もちろんその場所は切れていたので、また再発しないか恐る恐る最後尾からスタート。 スタートダッシュで切っては元も子もない。 だが、ペースは遅く感じ、思い切って先頭に立ち、じいちゃんの杖を若者たちに振りかざそうと考えたが、やっぱりやめておいた。 金属バットで応酬されそうだから。 結果は、4km付近まで粘るが、あとは喘息の咳、嗚咽が始まったのでペースを落とし、その組最下位でフィニッシュ。 肉離れは全く影響無し。 走る前は違和感あったが、終わってからは逆に刺激が入ったのか軽くなったくらい。 まだまだ行けそうな気がすると、来年に期待を膨らませる。 杖を磨いておかないと。 今回は、NSIのチームメンバーも参戦したが、皆まずまずの記録。皆さん、お疲れ様でした!
高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
コンプレッション
先週の肉離れの翌日泳ぎましたが、ブレて痛いので、妻のコンプレッション借りて補助しました。

これでブレによる痛みはましになりましたが、根本的な治療にはならないので、セルフケアして、可動域を広げていきました。


問題なのは、その肉離れした部分をかばって、他が動かなくなる事。 動かない事で、疲労物質が流れないと痛みとして残る経験があるので、怪我した部分には負担をかけずに他を動かす事です。 これが難しいので、時間をかけてじっくりやりました。 かなり考えながらやらないと逆に傷めたり、症状によっても対処の仕方が違うので安易に真似はしないほうがいいです。 ただ、これをやった結果3日後には走り出して、階段駆け上がれています。 何もしなかったら3週間かかった事でしょう。 実は毎日ランはやると決めているので、翌日からは走っていましたが。 あとこの回復で1番大切な別な部分がありますが、それはまた後ほど。
高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
完治
先週の肉離れは、工夫した結果、3日でほぼ治り、今は普通に走っています。
自分でもびっくりの早さでした。
周りの筋肉を活性化させたのと、1番はピンチと思わずチャンスと思うメンタルでしょうか。
ご心配頂いた皆さんありがとうございます!
高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)