放送
先週は、毎日放送のちちんぷいぷい、山中アナウンサーのトライアスロン指導でした。
今回は、大阪市内のショップさんでDHバー、ペダル、バイクシューズを買ってきてもらい、私が乗り方を指導するコーナーです。
本日、火曜15時くらいに放送予定です。 ぜひご覧ください。
メディア出演 | permalink | - | trackbacks(0)
点滴

点滴は4日続きました。
最後は、土曜で休診だったので、入院病棟の家族用休憩室で点滴…
周りはお見舞いに来た人ばかりで、みんなから注目されながら針入れました。
おかげさまで、点滴連続投与して見事に視野は??
変わらず…
でした…
まだ子供は、妖怪に見えます。
その後の検査で、動脈の血管の血流はわずかに回復していますが、止まっていた時間が長かったので、網膜の細胞は壊死しているようです。
このまま点滴は脳内出血の可能性が出るので終わり。
飲み薬に切り替わりました。
見えないのは慣れてきましたが、何が辛いって、毎回の検査。
検査中は、まばたきをあまりしてはいけないので、かなり疲れます。
もっと頑張って眼を開けて!とゲキが飛びます…
あと、視野の検査で、真ん中の十字を見てくださいと言われますが、どこが十字か分からない…
何十回とやりましたが、仕方ないですね。
見えないのはつかれますが、この新しい感覚がかえって新鮮でもあります。
見えないとこんな風になるんだと。
片目は完全に見えてますから、まだまだましな方ですし。
それにしても、やはり看護師さんの針の入れ方はうまいですね。
今回は、当直の先生でしたが、痛いし、荒いし^^;
引き続き頑張ります。
- | permalink | - | trackbacks(0)
ご報告

 

やっと俺たちの4日間のエピソードを書き終わりました。

 

今回は最後まで書けました。

 

ここでご報告です。

 

昨年より違和感のあった眼が見えにくい症状がありました。

 

原因がわからずに眼科を転々としていましたが、先月症状が悪化し、ようやく原因がわかりました。

 

左眼の「網膜動脈閉塞症」という病気になっていました。

 

視覚をつかさどる網膜に通っている動脈の一部が血栓で詰まってしまい、その周辺の網膜が機能しなくなっていきます。

 

脳梗塞、心筋梗塞と一緒の症状が眼に起こりました。

 

詰まってから、1時間程度が回復の目安となるようですが、私の場合その病気が分かるまでに3週間を要しました。

 

緊急性がわからずに、悪化、手遅れになることが多い病気だそうです。

 

急ぎ、先週から血の流れをよくする点滴を4日間通院して打ちましたが、効果は今の所無しです。

 

周辺の細胞が壊死している可能性が高いそうです。

 

現在の症状は、左眼の視野が一部欠損、欠損したのがほぼ真ん中で、左眼では文字を読むのがほぼできないです。

 

上下は見えていますが、細かいところを見たり、文字を読んだりするのは真ん中で追いかけますので、真っ黒の部分が追ってきて見えなくなります。

 

また、明るいところから暗いところに急に行った時に見づらい感じがあり、発症当時は階段踏み外してしまいました...

 

ただ、左眼を使わない見方を最近習得しつつあるので、だいぶ慣れてきて、見え方に関して生活する分には問題無いです。

 

左眼優位になっていたのが、自然と右眼優位にしているんだと思います。

 

同じく血栓で詰まってしまう脳梗塞だったら今頃入院生活でしょうが、眼の場合は普通に生活はできます。

 

ということで、今回の宮古島大会は辞退届を昨日事務局に提出しました。

 

スポンサーの皆様からは、ご理解を頂き、温かいメッセージを頂きました。

 

喘息、筋断裂などと長い間付き合って競技をしてきましたが、今度新たにこの病気と付き合っていくことになりました。

 

まずは、治療と原因追求していきたいと思います。

 

ご飯を食べる時、子供が左側に座るのですが、右眼を隠すと、目と口無しに子供が見えるので、はっきり言って妖怪に見えてしまいます...

 

それをなんとかしないと^^;...

- | permalink | - | trackbacks(0)
俺たちの4日間 day4

 

ママが帰ってくるまであと1日。

 

だが、その明日1日は、私がいないため、祖父母がセナを預かってくれる。

 

ありがたい。

 

4日あるが、自由に遊べるのは3日間ということになる。

 

もう日が暮れてしまったので、家の中で最後の自由を満喫する。

 

こんなことをやったらママに怒られるだろうなというものを最後にやらせてみる。

 

 

チョコアイスを、自由に食べさせる。

 

最初はペロペロ、こじんまりと。

 

豪快さがない...

 

チョコだらけにすると、叱られてしまうので、自然と身についてしまっているようだ。

 

 

もっと自由に食べろ!

 

そうだ、その調子だ!

 

お前らしく食べるんだ。

 

顔がチョコだらけでもいい、服にチョコがついてもいい。

 

そんなことでビクビクするような男はダメだ。

 

服についたら、俺がママにバレないように洗ってやる...

 

おっと、そうじゃない!

 

そのまま置いといてやる!

 

...

 

いやいや、やっぱりやめておこう...

 

服だけは汚すな...

 

絶対に汚すな。

 

顔は拭けば落ちるから、それでいい。

 

さあ、次は最後の一仕事。

 

こんなことをやってみよう!


 

いい表情だ!

 

2人でしばらく遊ぶ。

 

たわいもないことで遊ぶ。

 

もうこんなことしか残ってない。

 

これ以外、何も思いつかない。

 

自由になれば、あれもやりたい、これもやりたいと欲望が出るが、いざその時になると何をしていいのかわからない。

 

人生、万事そんなものなのかもしれない。

 

 

ふと、セナがサングラスを外した。

 

私も、つられてサングラスを置く。

 

「ママがいないと寂しいね...」

 

「パパ、ママを思い出してごらん...」

 

「僕、ママのことが好きなんだ...」

 

急に身体に重みが出てきた。

 

一気に、疲れが押し寄せてくるのを、必死に俺はこらえた。

 

エピソード2 出演者

セナ(西内星七)

パパ(西内洋行)

ミニー(西内ミニー)

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)
俺たちの4日間 day3.5

ママのいない、俺たちの4日も、半分が過ぎてしまった。
ママがいれば、面倒臭がって弁当を作らず終わってしまう。
「今日は天気がいいね!お弁当作って外に行こうか?」
は、ママの行楽詐欺だ。
周りをその気にさせて、落とされる…
最近は、セナも同じ雰囲気だ。
最初は、「いいね!やったー!」
の言葉も、次第に「やっぱり、おうちでいい」となるようになった。
しかも、ご飯の後、言葉がわからない、字幕も読めないのに韓ドラを観るようになった…
これは流石にまずい。
セナよ、パパが外に連れて行ってやる!
本当の行楽とは、こういうものなのだ!

ポカポカ陽気、暖かくなり上着を脱ぎ出した。
いつもなら、風邪ひくからダメ!と言われるが、今お前は自由だ!
考え方を変えよう。
タンクトップで寒さを鍛えたら、風邪なんかひかないんだ!

だが、食べ終わったら、寒くなって来たので、自分で着ていた…

ミニーは、毛皮のもじゃもじゃコート。
うらやましい…
さあ、残すはあと1日!
俺たちは、やりたい事満載だ!
春の暖かい風が、ふうっと頬をなでていった。
俺たちの... | permalink | - | trackbacks(0)