ショートクランク

宮古島大会の復活2位、勝因の1つになったのは、ショートクランク。今回使用したのは、実は143mmです。
わかる方にはわかる、この短さの異常さ。
シマノで出しているクランクは、最短で105シリーズの160mmですが、上位グレードのデュラエース、アルテグラは165mmですので、それより2cm近く短いです。
数年前、だいぶ早めに短めのクランクにして、170mmから165mmを使用していましたが、どうもそれでもしっくり来ないので、思い切って143mmに専門工場に出して加工してもらい、この冬からトレーニングで使用しました。
このくらいバサッと変えないと、ショートクランクの動きがわからないからです。
トレーニングで効果を体感し、漕ぎ方を研究、今年初戦のレースを犠牲にしてみることにしました。
かなり不安でしたが、3月のサイパンと先日の宮古島に実戦投入。その効果は大きかったです。
細かい数値は企業秘密ということで伏せておきますが、宮古島では、過去のロングのデータより平均パワーが20Wくらい上がっていました。
その分、タイムも2017年4:43:10から、2019年4:36:17に約7分短縮しています。
メリットは、股関節が詰まりにくいということ。
長いクランクは、テコの原理で3時からのパワーは出しやすいですが、その分脚が上死支点で上がりすぎて、股関節が窮屈になってしまいます。
窮屈になれば、慣性モーメントが止まりがちになり、ゼロからの踏み出しに近くなります。
そこで余計にパワーを使ってしまいます。
但し、ショートクランクにしても、ポジション、漕ぎ方を合わせていかないと意味がありません。
ダイヤモンドの原石を獲得しても、磨けなければ意味がないのです。
ポジションは、ショートクランク用にフィッティングし、ペダリングの意識を変えていきます。
なぜなら、短いので、すぐ下死点に到達してしまうからです。
ショートクランクは、その人の体格、また踏み方、脚力、股関節の柔軟性、競技の種類によっては効果が得られないこともあります。
元々、股関節の柔軟性のある人は長いクランクでも詰まりにくいですし、パワーをかけて踏める人はショートクランクにしなくても問題ないかと思います。
競技的には、ロードの選手はDHバーを持たないので、上体をトライアスロンほどかがめません。股関節の詰まりはそれほどないので、ショートクランクにしても効果は得にくいと思います。
短いので、下死点でのパワーをかけるダンシングもきつくなります。
海外のトライアスリートも、近年ショートクランクを使用し始めていますが、少し前のデータでは、確か女性は男性に比べて少し長めでした。股関節が柔らかいから、それほど必要ないと私は見ています。
導入した方がメリット大きいであろう方は、パワーが出にくい人、小柄な人、膝下が長い人(長いと上死点で上がりすぎる)、ハンドルが低い人(前傾姿勢になる人)、股関節が硬い人などです。
私の場合、交通事故で両脚で3箇所筋肉切れたままになっていますので、パワー出しにくく、脛骨が長め、股関節硬いですので、ショートクランクの方が合っています。
ショートクランクを安易に導入する前に、自分に適しているのか、また導入後はどうしたらいいかをしっかり考えれば、いい武器になっていくアイテムです。
以前より受注していたショートクランク受注加工、既に多くの加工を行っています。気になる方はお問い合わせください。
加工料金、導入後のアドバイスをお伝えしています。
スマートコーチの会員の方には、非公開の宮古島レースレポート(現在作成中です)などでお送りします。
そんなはずはない、いやその理論は間違っているという意見は色々あると思いますが、お伝えしている理論は、あくまでも個人の研究、レースでの結果をもとにお伝えしています。参考材料として考えてもらえればと思います。
よく、理論を発表すると、いいところだけかいつままれて一人歩きをし、誤解が生じることがありますので...
サドルの高さをミリ単位で調整はしますが、クランクの長さはそれほど考えられていないので、一考の余地はかなりあると思います。
加工は、今のところシマノ限定です。

- | permalink | - | trackbacks(0)
ラブトラキッズ練習会

急ですが、やっと予定が空きそうなので、今度の日曜、5月19日に、幼児の部、小学生Aの子供たちをを対象にした練習会を開催します。
参加費は無料です。
ぜひご参加ください!
ボランティアで、練習会の運営補助の方募集していますので、メッセージ頂けると助かります。
ご参加の自転車は、補助輪付きでも無くても、三輪車でもキックバイク(ストライダーなど)でも大丈夫です。
ラブトラキッズ練習会
・開催日:2019年5月19日(日)AM10:00
・場所:兵庫県西宮市周辺(お申し込みの方に、決まり次第詳しい場所をメールでお伝えします)
・参加料金:無料
・定員:10名程度を予定(ご参加できない場合は、お申し込み後にご連絡します。基本先着順。)
・練習内容:自転車とランニングの練習と、大会を想定したトランジッション(自転車、ランのチェンジ)などの練習
・持ち物:自転車、ヘルメット、ランニング用意、給水など
・主催:一般社団法人 LOVE TRIATHLON
・指導:西内洋行(プロトライアスリート、シドニー、アテネオリンピック代表)
    西内真紀(プロトライアスリート)
・お申し込み(以下のサイトより、初回ご利用の方は、無料アカウントを作成してください)
http://www.supersaas.jp/form/nsits/2019lovetri_kids
・お問い合わせ ホームページ(http://lovetriathlon.jp/index.html)からのお問い合わせ、またはメッセージにて
(雨天の場合、または降水確率が高い予報の場合中止とする可能性がございます。その際はメール、Facebookページなどでお伝えします)

JUGEMテーマ:トライアスロン

LOVE TRIATHLON | permalink | - | trackbacks(0)
視野

JUGEMテーマ:トライアスロン

 

色々な動きについて、様々な方向から原因と改善を図ります。
先日のスイムでは、リカバリー時のローエルボーの原因について、改善方法をパッとひらめいたので実践してみたところ、今までよりも、かなり改善されました。
原因は、肩の硬さと見ていましたが、ストレッチを見ていてもそうではなかったので、別な視点から考察。ぼやっと動きを見ていたら、ハイエルボーの人と、ローエルボーの人との違いがフィルターにかけられ、そこだけ目立つような動きをしていました。
片眼見えづらくなってから、動くものに焦点合いづらいので、あえて合わせずにぼやっと見ることが多いです。
ぼやっと見ると、両眼の視野がかなり広がります。
人間の視野は、だいたい180から200度の範囲と言われていますが、焦点のあたりに集中すると,30から40度くらいになってしまう感じですね。それが焦点合わせないで見ると、ぼやっとですが、広い範囲を見渡せます。
そうすると、無駄な動きをしている人や、部分が目につきます。
前回こういう動きをしていたはずなのに、今回こんな動きをしているというのも分かってきます。
場合によっては、太った、痩せたなどももちろん、髪切ったことも分かってきます。
見えづらくても、その分感性が研ぎ澄まされてくるので、人間の適応能力はすごいなと感じます。
ただ、家の中で子供が片付け忘れたLEGOや、恐竜パーツ、飼い犬のミニーのおやつガムの骨のかけらは、相変わらずよく踏んでしまいます...
今日は、スーパーで半額引きのステッカーと見て喜んでいたのが、実際は2割引のステッカーの見間違えでした...
残念...

高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)
コマ取りプロジェクト

 

GWを利用して、ラブトライアスロンの一貫として、知り合いの補助輪(コマ)無しで自転車に乗れない子を指導しました。
名付けて「コマ取りプロジェクト」です。
1時間のセッションで、見事乗れるようになりました。
このプロジェクトで2人卒業しました。
段階を踏み、なぜ乗れないのかを紐解いていけば、運動神経発達しやすいこの年代の子供は、自ずと乗れるようになっていきます。
6/30のラブトラまで、あと2ヶ月を切りましたが、これから練習をすれば、コマ無しでも乗れることでしょう。でも、コマ付きでも三輪車、ストライダーでも幼児、小学生低学年のデュアスロン部門は出られますので、安心してください。

このプロジェクト以外にも、子供の練習会を大会前に開催したいと思っています(詳細は未定です)。

ラブトラお申し込みはこちらより。
http://lovetriathlon.jp

ボランティアがまだまだ集まっていませんので、ぜひご協力をお願い致します。
http://www.supersaas.jp/form/nsits/2019love-staff

- | permalink | - | trackbacks(0)
フォーム

過去の宮古島大会の写真。
2016年からフォームを変えました。
今年も余計な力を使わないフォームに仕上げて来ました。
加齢とともに筋力に衰えが出て来ますので、それをフォーム改善で補っています。
2014年に25km地点で抜かされて2位になっていますが、この時に今のフォームで走っていれば、面白いことになっていたでしょう。
初優勝がかかっていましたが、この時抜かれても無理に追いませんでした。死に物狂いで走れば、抜けたかもしれません。
ただ、無理はしないで、長く続けられるようにと思ってトライアスロンを続けていますので、ペースをコントロールして、2位でフィニッシュしました。
他の人との勝負で1位が取れなくてもいいんです。自分の100%を出せるようにだけ集中し、それで負ければその選手が速いだけのこと。
順位も確定すれば、あとは無理に上げません。ペースを落として肉体的なダメージ、また精神的なダメージをかけないようにします。今回も、1位とは離れていったので、勝負は決まっていましたから。
ライオンで言えば、獲物の内臓は1位の選手に持っていかれましたが、それを全力で取り返すことはせずに、脚の肉をもらいました。
それを3位の選手が来ても渡すことのないように、コントロールして走ります。
1秒でも早く、巣穴に入ってしまえばそれでOKです。
もし全力で逃げても追いつかれてしまった場合は、それはそれで仕方ないこと。
また次の獲物を見つけるまで頑張るだけです。
老いたライオンは、肉体勝負では負けますが、頭脳戦では勝てる見込みも出て来ます。
もちろん、ある一定の期間集中して、全力を出して人生を賭ける!というのでもいいでしょう。
トライアスロンへの参加の仕方は人それぞれですが、こういう無理をしない競技の仕方も、トライアスロンを長く楽しめる1つの方法だと思います。
よく、いつまで競技を続けますか?とか、引退の時期は?とか聞かれることが多いですが、元々トライアスロンは長距離のアイアンマンに憧れて始めたもので、その途中で運良くショートのトライアスロンでオリンピック行けました。
それから、何か違うと思って、ロングの世界に目標を戻しましたが、それが自分には合っていました。
人との闘いの比重がショートでは大きいんですが、ロングでは自分との闘いの比重が大きいです。
これからも、フォームの効率化の研究を続け、人生の中でバランスよくトライアスロンと接して行けたらと思います。
写真提供、千葉さんより。

 

JUGEMテーマ:トライアスロン

高効率動作 | permalink | - | trackbacks(0)